JP株式会社

        

土地活用事業

土地活用事業
土地の有効活用をするためには、まず土地の条件や特性を見極める診断が必要です。
「法的規制」「権利関係」「環境」「市場性」と
いったことを綿密にリサーチして総合的に土地利用プランを診断します。
土地の置かれている条件とともにオーナー様のニーズ、
ライフプランを十分に考慮した上でメリット、デメリットを分析して、
多様なメニューの中から最もふさわしい方法を選ぶ必要があります。
土地有効活用に際しては、事業手法や税制、各分野の法規制が複雑に関係してきますので、
土地活用についての知識やノウハウを持ち、様々なケースに対する実績がある専門家に相談することが欠かせません。

資産の組替え

単純譲渡
より高く譲渡できるに越したことはありません。余計な資金等を必要とせず、ローリスクな方法で譲渡します。
買い換え特例運用
土地をよりパワーアップするためにご所有の土地を売却し、より効果的な土地に買換え、運用します。資金を必要としても投資効率の向上が期待できます。
交換の特例
土地を交換して再利用を図ります。案件に応じて譲渡益に対する税金が節減され、少ない投資資金で土地、建物を入手できます。

有効活用

等価交換
所有している土地に弊社が出資して建物を建築し、一部を区分所有します。税制上のメリットも多く、資金調達の心配も軽減できます。
建物賃貸事業
アパート・マンションあるいは倉庫を建てて賃貸経営することです。安定した賃貸収入が見込めれば収益性に優れた土地活用といえます。
土地賃貸事業
更地のまま賃貸します。定期借地権の特例をつければ、契約満了後に土地は返ってきます。リスクが比較的小さい運用方法です。